いつもこんなに暇だったかな

臨時休校が終わり、分散登校を経てようやく通常登校が始まって一週間余りが過ぎた。

休校中、在宅ワークといえ、子供がいると仕事の進みはどうしても遅くなるし、そのうえ、お昼も作らなくてはならない。

テレビは子供に陣取られ、時には兄弟げんかも勃発。

なかなかゆっくりと一人の静かな時間を持つことはできなかった。

しかし、ようやく朝から夕方まで一人の時間。

家事も仕事もスムーズに進む。

お昼は録画したドラマをみながら好きなものをゆっくり食べられる。

穏やかなひとときががようやく戻ってきた。

しかし、たしかにゆっくりと過ごせる時間だがなぜだか落ち着かない。

録画していたドラマも思ったほど面白くないし、2倍速で見るとあっという間に終了。

午前中でほぼ仕事は終わり、あとは夜シフトの仕事のため、それまでは時間が空く。

以前はこんなに時間が余っていただろうか。

こんなに暇な時間があっただろうか。

私これだけしか仕事していなかったんだっけかな。

あんなに時間が足りない、暇がないと思っていたけれど。

元の感覚が思い出せない。

時間の使い方が思い出せない。

もうやることがない。

あれもこれも、一人になったらやりたいと思っていたことがたっぷりあったはずなんだけど。

あんなに毎日イライラ、バタバタしていた時間がなんだか懐かしい。

仕事増やそうかな。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる