気になる隣家の消息

道路を挟んだお向かいの家。会えば挨拶する程度の付き合い。

朝のゴミ出しのタイミングで見かけたり、休日に家の前で小さいお子さんと遊ぶ姿などで見かけることが多い。

しかし、ここのところ全くみかけない。声も聞こえない。夜になっても部屋に灯がついている様子もない。

ここまで気になり始めたのは、我が家の庭から見えるその家の1階のカーテンがほんの少しだけ開いている状態が続いているから。

庭に出たときに嫌でも目にはいるその部屋の窓。

どうしても目線の先にあるため、逆に見ないようにと意識していた。

おそらくリビングでないかと推測している。

その部屋のカーテンが少し開いた状態のまま、もう何日も閉じられることがない。

普段使わない部屋ならまだしも、日々過ごす部屋のカーテンの開け閉めをしないのはやはり不自然。

一日ぐらいなら気にならないが、その開いたが形が全く変わっていないため、ずっと不在なのだろうと思わずにはいられなかった。

旅行にでもいっているのだろうか。それにしても長い。

旅行ではないとしたら…。

なにかあったのだろうかと、気になって仕方がない。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる