38歳で第一子妊娠の高橋真麻さん!高齢出産について思うこと

元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さんが妊娠を発表した。

こういったおめでたいニュースは本当にうれしい。

父である高橋秀樹さんの喜ぶ顔が目に浮かぶ。

38歳で妊娠と聞くと、私が10代の頃を思い出す。

そのころアルバイトをしていたお店で、38歳の未婚のオーナーが妊娠をした。

周囲にとても驚かれたことは言うまでもない。

そのオーナーはバツイチの独身。

生活を共にするパートナーがいるものの、過去の離婚の経験から、もう結婚はしないと宣言していた。

ちょくちょくお店にも顔を出すそのお相手は私たちからみても少し頼りなくみえる男性で、たしか10歳以上も年上の人。

日頃、オーナーからそのパートナーの愚痴ばかりを聞かされていた私たちアルバイトは、意外な報告にとても驚いたものだ。

その時代、38歳という年齢での妊娠は、世間からみれば好奇で恥ずかしいと思われる風潮があったように思う。

まだ結婚、出産にはほど遠く、無知な10代の私でも、他人事ながら大丈夫なんだろうか、どうするのだろうか、なんて考えたものだ。

オーナー本人は、迷わず産むという選択をしたと後から聞いた。

しかし現代、30代後半での妊娠、出産はめずらしくなくなった。

芸能人をはじめ、身近でも40代での出産を耳にするようになった。

人生経験豊富で、経済的にも潤沢であろう30代後半~40代での出産は理にかなっているのかもしれない。

もちろん、年齢を重ねるうちに卵子も老化し受精しにくくなることや、流産や染色体異常が発生するリスクなどが高いということなど、目を背けてはならない現実もある。

私自身も高齢出産。経験上、子育ては体力勝負だと思っている。

もう少し若い時に産んでいれば楽だったのかも、と考えたことは一度や二度ではない。

しかし、私にとってはそれがベストタイミングだったのだろうと今では思う。

子供の友達関係や私自身のママ友関係、仕事、そのほか生活の全てにおいて今手にしているものは、その年齢での妊娠、出産がもたらしているものだと思っている。

1年、2年違っているだけでも、そのすべてががらりと変わっているだろう。

だからこそ、あの時がまさに私の出産適齢期だったのだと信じている。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる