居場所がない

子供の習い事で役員を引き受けて2年目。1年目はくじ引きで仕方なく。今回は2年目続投する方が多く、そのうちの1人に口説き落とされた。あなたの力が必要と。

一度は断ったが、そこまで必要としてくれるのならば、と引き受けた。

しかし、最近感じる不穏な雰囲気。表向きにはなごやかに楽しくやっている。

けれど会話の端々から読み取れる私以外のメンバー同士の密な関係性。

入るキッカケを失うほど盛り上がる会話。

感じる疎外感。

やるべきことをきちんとやっていればいいのだ。

それでいいのだ。

そう思えども、ぬぐえないこの気持ち。

無視されるわけでも、冷たくされるわけではない。話を振られないこともないけれど、以前とはなにかが違う。

そうして帰宅後は激しい疲労と頭痛に襲われる。

私は本当に必要だったのか。

あの誘いはただの人数合わせだったのだろうか。

社交辞令の誘いを間に受けてしまったのだろうか。

引き受けなければよかった。

考えはじめると止まらない負のループ。

最近は、そこにいない人の悪グチが少しずつ出始めている。

私がいない時は言われてるんだろう。

そう思うと休めないし、終わってもなかなか帰れない。

情け無い。

堂々としていればいい。仕事はキチンとこなしているのだから。

心が弱るときもあるけれど、私は人の悪口はいいたくない。

因果応報。

悪口は絶対自分に返ってくる。