キャベツを切ったらイモムシ。スーパーにクレーム?

スーパーで買ったキャベツを半分に切ったら立派なイモムシが出てきた。

そんな話を友人に伝えると彼女からは「スーパーにクレーム言った?」と問われた。

え?クレーム?

私はそんな考えは毛頭ない。イモムシがついているのは新鮮な証拠。農薬が強かったり、状態が悪いものはイモムシですら食べないはず。

しかも表面についているのならともかく、奥底に潜んでいたら誰にもわからない。イモムシを取り除けばいいだけのことだ。洗えば十分食べられる。

「クレーム言うほどのこと?」と彼女に問うと、だってレストランで出てきた料理に虫が入っていたらクレームいうでしょ。それと一緒だよ、と諭された。

いいや違う。それとこれとは全く違う。

私なら絶対文句言うけど…と譲らない彼女。クレームを入れない私の方が稀だと思うという。

まあいろんな考えの人がいるからなーと思いながら、残ったキャベツで夕食の準備を始めると、そのキャベツは傷みが激しい。

イモムシの通った道筋だろうとも思われる部分が変色し、それが広範囲に広がっていたため、大部分を捨てる羽目になった。

丸ごと買ったキャベツの多くの部分を捨てた。こうなってくるとクレームを言ってもいいレベルなのかもしれない。交換してもらえたかもしれない。

だが、半日以上経過した変色、傷みを全てイモムシのせいにするのもちょっと無理があるだろう。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる