指毛がやばかった

子供の塾の入会手続きに行ってきた。

数種類の書類へ記入する必要があり、先生の説明を聞きながらひとつひとつ書き込んでいく。

明るく、煌々としたライトの下、まだ生徒たちがいないシーンとした教室で、ペンの音が鳴り響く。

そこではっと気づく。

指毛、やばい…

私は元々毛深く、指や手の甲にもムダ毛が目立つ。足の指も同様だ。

細目に手入れをしないとヤバいことになる。

そう、ヤバいことになっていた。

気付いたとたんに恥ずかしくなる。

先生はそこまで見てないだろうと思いながら、書類を書いていると、動揺したせいか、記入欄を間違えてしまう。

アッと思ったとたんに、そのままで大丈夫ですよ~、と先生に声をかけられた。

ずっと手元をみていたらしい。

当然、この指毛もみられてるよね。

そこそこ年齢はいっているようだが、髪もお肌も手入れが行き届いたキレイで上品な先生。とても美意識高そうな女性。

きっと「指毛すごいな」と思っているに違いない。

帰宅後に慌てて処理をした。

憎っき、指毛。

それでなくても血管が浮き出て老いが目立つ手の甲。

そのうえこの時期は乾燥してカサカサ。ハンドクリームも塗り忘れている。

せめてこの指毛をちゃんと処理していればまだマシなのに。

いまさらながら永久脱毛したいと考える。

でも50歳を手前にしていまから永久脱毛って…

若い頃にやるのならまだしも、この年齢からやるのはなんだか損な気分。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる