夫が

朝起きてリビングにいくと、休みの日でも無駄に早起きの夫が起きていなかった。

めずらしいことだ。

いつもは朝からテレビの前を陣取り、録りためたドラマや映画をみているのに。

まあいい。ゆっくりとコーヒーを飲みながらニュース番組をみる。

そのうち子供たちが時間差で起きてきて、それぞれの朝食を準備する。

合間に洗濯などの家事をこなし、一通り終えてリビングに戻ってもまだ夫はいない。

もうすぐ11時になるところだった。

おかしい。こんな時間まで寝ていることはまずない。

ここ最近、激務で帰宅が遅かった。出張も続いていたし、疲れていることは間違いないのだが、それにしても寝すぎではないだろうか。

もうすぐ50代。表向き健康だが、何が起きるか分からない年代だ。

昔、知人の旦那さんが朝起きてこなかったため、見に行ったら亡くなっていたということがあった。くも膜下出血だったそうだ。

まだ40代。全く予想だにしなかった出来事で、その知らせを聞いた私もとても驚いたことを覚えている。

もしかしたら…悪い考えがよぎり、夫の寝室をそっとのぞく。

こちらに背を向けて横向きに寝ていたため、表情はわからない。

じっとみていると、体がかすかに上下に動き、呼吸をしていることはわかった。

生きてるな。

ほっとして、そっと扉を閉めた。

その後、しばらくしてからひどい顔と寝ぐせだらけの頭で起きてきた。

「起きてこないから死んでるかと思ってのぞいたよ」と言ったら、「知ってる、それで起きちゃったから」と少し責めるように言われた。

せっかく心配してやったのに。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
家族
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる