ママ若いね

子供と二人で歩いていたら、近所の高齢男性にあった。

いつもにこやかに挨拶をしてくれるおじいちゃん。子供が小さいころから、散歩や買い物途中でばったりと会うことが多く、子供の成長を知っている。

「ずいぶん背が伸びたね、すぐにママに追いつくね」と声をかけてきた。

少しの雑談の後、帰り際に「でもママ若いね~、二人並んでいるとどっちがママかわからないよ」なんて言われた。

そんなそんな。いくらなんでもそんなわけはない。

とはいえ、やっぱりうれしい。お世辞だと思ってもやっぱりうれしい。

若いなんていわれたのなんて久しぶり。褒められたのなんて本当にひさしぶり。

「マスクで隠れてるからですよ。」と謙遜してみたものの、浮かれる心。

ただ実際、マスクがマイナス要素をだいぶカバーしているのは事実で。

顔の大部分がマスクで隠されている。シミもシワもホウレイ線もなにもかもがマスクで覆われている。

目立ち始めた白髪を自分で染めたばかりだし。

フード付きパーカーとワイドパンツは若者がよく着ているスタイルだし。

若く見えたのも当然かもしれない。

とくに高齢男性からみたら、30代も40代、もしかしたら20代だって、そう変わらなくみえるかもしれない。

ああ、このままマスク取りたくない。若くみえるならずっとこのままでもいい。

コロナの終息を願うけど、マスクなしの日常には戻るのは少し怖い。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる