オトナが駄々をこねる

認知症の父がここ数週間デイサービスに行ってないという。

週2日から3日に増やしたことで、母の負担がかなり減ったため、私も安心していたのにまた振り出しに戻ってしまった。

帰省時に母親から状況を聞くと、どうやらデイサービスに苦手なスタッフさんがいるらしい。

父親にもそれとなく聞いてみると、言い方がキツイ、自分は悪くないのに怒られる、と拗ねたように話す。

そのスタッフがいるから嫌だ、もう二度と行かないと子どものように駄々をこねる。

施設側に相談すると、どうやら一度トイレにいくことを拒否したことがあるらしく、それが原因かもしれないとのこと。

父は常にオムツをしているのだが、施設では、例えオムツでも定期的にトイレに行き、自分でできる範囲のことはやらせる規則になっている。

それがある日、父はなぜか断固としてトイレに行くことを拒否し、オムツ交換すらできなかったため、洋服を少し汚してしまった。

拒否し続ける父に対して、そのスタッフはいつもより強めの口調で説得した。おそらくそのことが一因ではないかとのこと。

父が苦手とするそのスタッフはかなりのベテランで、利用者からの評判もよいらしく、普段から決して怒ったり、声を荒げたりする人ではないそうだ。

しかし父親からすると、悪いことをしたわけではないのに怒られた、ひどい奴だ、と悪い印象しか残らなかったようで。

デイサービスを拒否する父に対して、母は最初は父を説得してみたが、全く行く気がない父親にあきれ、しばらく休むと施設に連絡するしかなかった。

だが時間が経過しても父親の気持ちが変わりそうもない。おそらくこのままではその施設をやめることになりそう。

さて、どうしたものか。

このままでは母が参ってしまう。

デイサービスに行かず、家に閉じこもりがちになってしまうと、父親の足腰はますます弱くなり、認知症だって進行が早いのではないだろうか。

そしてなにより、また私が実家に行く頻度を増やさなくてはならなくなる。

そんなの嫌だ。父と母には悪いが帰省はとても疲れるし気持ちも重い。

子供のこと、仕事のこと…私にだって抱えているものがあるのだ。

どうにかまた父に適したデイサービスをみつけて、行ってもらうしかないのだろう。

★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
★☆Ranking☆★
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
家族
スポンサーリンク
スポンサーリンク
40代を生きる